タグ:KONICA auto S1.6 ( 4 ) タグの人気記事

KONICA auto S1.6のフィルムの入れ方(裏蓋の開け方) 2010年 01月 16日

タイトルのとおり、
何気に古いカメラの使い方などを紹介したいと思います。

今回のカメラは「KONICA auto S1.6」というカメラです。
このブログでも時折このカメラで撮った写真を公開しています。

このカメラを買ってまず最初にぶち当たったのが、
「裏蓋の開け方」です。
たぶん開けられなくて困っている人がいるかも(?)なので
写真で説明します!

裏蓋を開けないとフィルムを入れることさえままならないよ!

d0149877_0382017.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ


続き~
[PR]

by bun-wonder-jax | 2010-01-16 00:31 | カメラ

時は流れゆくのです 2009年 09月 16日

d0149877_1250417.jpg

カメラ:SONY α100
レンズ:MINOLTA AF50mm F1.4
DATA:F2.2、1/20、+0.7、ISO100、太陽光


埋もれているのは「KONICA auto S1.6」というカメラ。

初めて買ったクラシックカメラで、
ポラロイドカメラ(SX-70)をくれたおじいさんとの出会いの
思い出深いカメラです。

当時、買ったはいいが使い方が全くわからず
裏蓋が開けられなかった。
そしてなんとなく近所の古いカメラ屋に入り
おじいさんと出会ったのです。

おじいさん、元気にしてるだろうか。
また語りにでも行こう。

にほんブログ村 写真ブログへ



「KONICA auto S1.6」で撮れた写真~!
[PR]

by bun-wonder-jax | 2009-09-16 14:36 | カメラ

イマジネーションは時を越える 2009年 04月 30日

d0149877_2323227.jpg

撮影地:愛知県岡崎市
カメラ:コニカ auto S1.6
DATA:もう覚えてない・・・


「KONICA auto S1.6」
この写真を撮影したカメラの名前です。
このカメラが発売されたのは
なんと1967年!
今から42年も前のカメラなのです。

そう、人生の先輩です。

いまやデジタルカメラが普及しましたね。
しかし、このカメラで撮った写真は
デジタルカメラがなかなか表現しない
風合い、色合いを醸し出してくれる・・・

絞りを決め、シャッタースピードを決めて、
ピントを合わせる。
そしてフィルムを巻き上げ、シャッターを押し込む・・・。
トイカメラもそうですが、
「写真を撮る」ことがとても楽しく感じられます。
ピントを合わせるのがなぜだか楽しい!

戦後間もない頃、彼らの情熱は時を越え
半世紀近く経ったいまも脈々と息づいている。
そのイマジネーションは今なお輝きを増している・・・。

深い話はこちら・・・
[PR]

by bun-wonder-jax | 2009-04-30 23:06 | カメラ

一応、カメラが好きなんだ! 2008年 05月 16日

…と、言うことで
これからは写真をアップしたら
撮影データとかものせようかなァ…
でも大したウデもないしなァ…

特に好きなのは、
「KONICA auto S1.6」というカメラ。
もちろんフィルムで、今年で40歳なレトロなやつ!
露出があうとすごく鮮やかな発色になる気がする。
VISTAを詰め込んで出かけたい。

あと、トイカメラっていいよね!
ロモとか~

d0149877_23105255.jpg

camera:KONICA auto S1.6
フィルム:フジカラー SUPERIA100

青色がきれいです。
最近、露出計が動かない…(泣)
[PR]

by bun-wonder-jax | 2008-05-16 23:19 | カメラ

RSS FEED