カテゴリ:バンド的( 2 )

2010年 01月 17日

単刀直入に言うとオリンパスのとあるコンテストに
応募してみました

アートフィルター・ソング・コンテスト

いま巷でカメラ女子に大人気の
オリンパスの「E-P1」というカメラがあります。


そのカメラには「アートフィルター」という機能があって
撮影した写真に色々な味付けができます。

その「アートフィルター」のイメージソングのコンテストなのです。
そして応募した曲がなんとYOU TUBEにアップされちゃってます

<バンド>
・BEN WONDER JAX「Reversible the World」
http://www.youtube.com/watch?v=WSj2aHsMvqM

<個人名義>
・文明「心の内と外」
http://www.youtube.com/watch?v=6qgKxyoW7Mo


タイトルの「Reversible the World」は、
「静」と「動」の融合、世界は「表裏一体」なものだという意味です。
ものごとは常に「表裏一体」。ひとつの言葉の裏を返せば意味は逆転する。
何かひとつのきっかけでやり直すことだって出来る。
それをあえて色の無い世界に表現してみました。
「ラフモノクローム」というジャンルに応募しています。

心の内と外」は過去を振り返ったり思い返したり。
自分の内面に常に漂うおぼろげな「何か」。
そして嫌な思い出が時を経て真正面から向かえるようになったとき。
そんなイメージの曲です。
こちらは「ファンタジックフォーカス」というジャンルに応募しています。

どちらも変(?)な曲だけど気になった方はぜひ見てみてください・・


ブログランキング・にほんブログ村へ


今すぐ動画をみる!(YOU TUBE)
[PR]

by bun-wonder-jax | 2010-01-17 14:22 | バンド的

空気が色づくような 2008年 08月 18日

昨日、とある祭りに行ったのです。
今日まで名古屋城にて行われていた祭りです。
そこでケイコ・リーさんのライブを観たのです。

まず先に感想を申し上げると、
「素晴らしい…」
その一言だけ。
久しぶりにプロのギグを体験しました。
ずっと観てみたかったアーティストなので
もはや語る言葉もありません。

放射状に拡がっていく音の波が、
まるで空間に「色」がつけていく、
そんな錯覚に陥りました…。
淡いグラデーションから光混じりの濃いグラデーションへ。
MCなどという下世話なものをはねのける、
圧倒的なソウル!!!
もう僕を含めオーディエンスたちは皆、
完全に、ケイコさんの術中にはまっていました。
「TIME AFTER TIME」やアンコールの「STAND BY ME」・・・
気持ちの良い芝生のうえ、
オーディエンスの拍手が鳴り響きました。
素直な、外連味のない素直な拍手が。

「音色」という言葉がありますが、
この言葉を創った人には音に色を視ていたのかも知れない・・・


・・・そう、そんな名古屋城宵まつりだったのです・・・
[PR]

by bun-wonder-jax | 2008-08-18 00:50 | バンド的

RSS FEED